杉本由美子建築設計事務所 杉本由美子建築設計事務所
Workflow

設計・監理業務の場合の一般的な流れ

01
アプローチ
コンタクト
電話やメールにて、お気軽にご相談ください。
面談
設計依頼を検討される方は、面会を行い、
私や事務所の雰囲気を見ていただきます。
ヒアリング
面会でフィーリングが合えば、ご要望・ご予算などの
「条件の整理」をします。
02
デザインの提案
プレゼンテーション
「基本計画」として、図面や模型を使ったデザインの提案をします。(※未契約の状態の場合、2回の提案を上限とします)
意思確認
この時点で、依頼の是非をご決定ください。
契約後に間取りの変更やデザインの検討を継続します。
03
計画のアウトライン
契約
「設計監理契約」を行い、さらに計画を進めていきます。
(設計監理契約では、業務の内容・期間・報酬・支払いの時期
などを確認します)
基本設計
縮尺1/100の図面や模型で計画の良い点・悪い点を話し合い、
検討と提案を繰り返し、アウトラインを一緒に固めていきます。
04
詳細部分のデザイン
実施設計
基本設計で全体計画の合意に達したら、詳細部分のデザインをして、見積りや工事に必要な実施図面を作成し、確認していただきます。
05
工事費の見積り
本見積り
全ての図面がまとまれば、建物の特徴や建設地域を考慮して、
信頼のおける建設会社3社ほどに見積りを依頼します。
業者決定
見積書の内容をチェック、調整し、建設会社を決定します。
(ご予算超過の場合は、減額案の提案をします)
06
法的な手続き
建築確認申請
確認申請図書を作成し、審査機関に提出し、建築の許可を得ます。その他の届出や助成金申請の手続きがある場合は業者決定。
07
工事
工事着手
確認申請図書を作成し、審査機関に提出し、
建築の許可を得ます。
工事監理
定期的な工事内容の確認、設計図の補足説明や、
各工程での検査や助言を建設会社に行います。
竣工
建築確認や瑕疵担保保証等の完了検査後、
建物の引渡しを行います。
08
メンテナンス
維持管理
状況に応じて、維持管理にアドバイスや点検を行います。

設計料について

  • 建物の用途、規模、構造、敷地の条件などで違いますが、建設費の10%程度です。(構造設計費、関東県内の交通費含む)
  • 地盤調査費、敷地測量、確認申請料は、別途必要となります。
  • 増改築などの場合で、既存部分の構造計算や調査、アスベスト検査など必要に応じた費用は、別途、必要となります。
杉本由美子建築設計事務所