杉本由美子建築設計事務所 杉本由美子建築設計事務所
Blog
Blog Archive

木造耐震診断と補強方法

updated: 2012年9月2日

今年の6月から木造耐震診断と補強方法が改訂されました。前回の改訂は2004年だったので、8年ぶりです。それも、結構、大幅な改訂です。耐震診断や補強工事をおこなう場合、たいてい区の助成金を使う方がほとんどです。ここ最近、災害時を考えて、それぞれの区や市は、助成金の額を増やしたり、助成金を出すための条件を緩和したりしています。その基準が変わってしまうので、設計事務所は、講習会に出たり、新しく出た解説本を読み込んだり、現在、結構大変な状態です。それにもまして、私にとって大変なこと、それは、今まで使用していた耐震ソフトのアップグレードです。新基準に準拠したプログラムにアップグレードできるということで、購入したのですが、書いてある通りやってみたのですが、うまくいかない。何度もメーカーに問い合わせして、問い合わせして問い合わせして、やっと。。。できました。。
そういえば、メーカーの人に言われたのですが、この新ソフトは、まだ、日本防災協会に認可されていないそうです。今、申請中で年内いっぱいくらいで認定ソフトになるそうです。
日本防災協会がまだどのソフトも認定していないということなのです。姉葉氏の偽造事件の時もそうでしたが、あの時も、構造の基準はすぐに厳しくしたけど、しばらく認定ソフトがまったくないという空白の期間が結構な時間ありました。これって変です。どうして建築ってそうなのでしょう。今年の6月からは新基準で・・・と言っておきながら、認定ソフトがない。法律をつくる人が現場をわかっていないからだな。。。困ったものです。

杉本由美子建築設計事務所